SSブログ

今井湯 (川崎市中原区今井南町) [東京都多摩地区の銭湯]

 日曜日、日中は出かけて傷心の帰宅。気を取り直して風呂でも行こうか。予報では夜からな雨が夕方前から既にパラパラ降っています。川崎の風呂屋に行こうかなと思いましたが少し前と比べても激減していてまた悲しくなってしまった。川沿いに出て検索すると近くに今井湯があります。どんな風呂屋だったか見当もつきませんが正面から見た形はを見るに確かに昔行った事がある。帰宅してから調べたら前回は14年前でそれきり来ていなかった。綱島街道から関東労災病院で曲がり木月トンネルくぐった先にあります。

 14年前の写真と比べると煙突が撤去されていますね。正面左隣の公園から様子を窺ってからぐるっと1周してみましたが裏手は全然見えない。正面に2台分ある駐車場の裏手が駐輪場になっているので原付を停める、正面で浴場入口よりも存在感のあるコインランドリーはポップなポスターがずらりと並んでいます。その左手奥の入り口から入場、広いロビーの奥にはコルク製や金属製のケロリン風桶が多数展示してあり売り物かと思いきや川崎フロンターレの関連グッズだった。
コインランドリー
 フロントで「サウナも」と言うと750円、こんな学生が多そうな場所だから満員で断れれると思いきや余裕でした。下足の札と交換にサウナキーを貸してくれる。この750円はしばらく据え置きで組合入浴料金がじわじわ上がってるのかな。右手の男湯へ、広い脱衣場。下足ロッカー同様にフロンターレ選手のユニフォーム風扉が幾つかある中を出入口脇のロッカーに荷物を入れる。トイレは外壁側の洋式ね。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

若松湯 (足立区中央本町) [東京都足立区の銭湯]

 土曜日、用は片付いたし時節柄日の入りも遅いので遠方の風呂屋に行こうかな?遠回りな様で時間を考えると一番早い357号線から環七内回りを北上して葛飾区内へ。原付を路肩に停めて近隣の風呂屋を地図検索すると大体「6年前訪問した場所です」と出ます。つまりは既にこのブログで紹介済みの銭湯ばかりなのか、それならばさらに進んで足立区へ。加平の先で左折すれば7年前に行った若松湯へ行く事が出来るのでそうしよう。

 左折してしばらく進むと目指す若松湯なのですが、7年前にはあった煙突が切断されていて驚いた。油井型や円筒コンクリート製ではなくビルの一部だった四角い煙突だったのにわざわざ切り取ったのか。五反野通り銀座会へ進入して17時過ぎと言う早い時間にバイクを何処に停めようか?と言うのは若松湯対面が砂利敷きの駐車場になっておりその右端が駐輪場で常連さんは大体行儀よくそちらに駐輪しているので私も停める、7年前にもあったかな?
煙突の痕跡、下の窓が岩風呂
 銭湯ビルですが3階は山田ハイツと言う賃貸物件。1階右半分のコインランドリーと2階の「赤い風せん」と言う美容室は7年前と変わらず。中央入り口を入り下足入れに雪駄を仕舞いコンパクトなフロントスペースへ、サウナ入れますか?と聞くとフロントに手作りカード式カウンターを設置して人数を管理していて今は満室だとか。「貴方の前に入った人で一杯になった」と言われ周辺の写真撮っている場合じゃなかった。「普通に入浴して待っていればサウナ客が出たら雲形キーを渡す」と言われましたが7年前も入ったのでパスで。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

上の湯 (いわき市常磐湯本町上川) [福島県の銭湯]

 今年の連休も最終日、しかし渋滞予測的にも過去の経験則でも本日は道路がガラガラになる筈。そう思って8時に自宅を車で出発、果たして都内も首都高もガラガラでスイスイと常磐道に乗り11時過ぎにはアクアマリンふくしまに到着ですよ。コロナ前に来た事がありますが水族館は何度来ても楽しい。隣のいわき・ら・ら・ミュウでランチをしたら連休で魚市場が休みだったのか刺身がイマイチで残念。前回来た時にはフクシマは放射線がどうこう言って地の魚が提供されていなかったからそこはすごく改善された。

 ランチ後は小名浜から湯本へ移動、道中の県道に味のある昭和のドライブイン風町中華があるので今回も寄りたいと考えていましたがルートを間違えたのか前を通らずいわき湯本駅前へ。いつもの通りに駅前のコインパーキングに車を停める。駅前の公衆浴場と言えば温度調節のためとはいえ加水されているみゆきの湯と少し歩いた場所にあるさはこの湯。浸かれば手ぬぐいも帰り道の全身も硫黄臭くなるさはこの湯がお気に入りだったのですが、どうもコロナ禍後は硫黄臭がかなり薄まったと思う。
営業時間
 ならばホテルか旅館で立ち寄り湯をしている施設は無いかな?昨年はいわき駅前に行って盛り場で銭湯を発見したのですが休業だったし、本日も検索したら休業だ。しかしさはこの湯から更に駅の反対側へ進んだ場所に公衆浴場を発見、逆に今まで気付かなかった事が不思議だ。場所は石炭・化石館の少し北側で16時よりとあるので歩いて様子を見に行くと思ったよりも遠い。16時に入って30分で出たとしても再度駅前まで歩いて戻るのも大変なので石炭・化石館の裏手へ車を移動させる。

続きを読む


タグ:温泉 湯本 番台
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

大平湯 (足立区青井) [東京都足立区の銭湯]

 土曜日、みどりの日ですが至って普通に過ごす。普段通り泳ぎに行ったら両腕がパンパンでヨレヨレです、前日1日中バイクに乗っていたから結構腕の筋肉使っていたのね。風呂屋は近場で良いかと思いつつも都内の道路がガラガラなのでつい調子に乗って新橋から上野へ、上野はホテルへ向かう外国人観光客がゾロゾロ。昭和通りをどんどん北上して環七で右折、加平の手前にある太平湯を再訪してみようかな。

 外回りではわかり辛いのですが、内回り側には「夢銭湯太平湯」と言う大きな看板が出ていてそこで曲がれば良い。ビル銭湯でして対面に来客用駐車場有り、自転車は正面に停めて正面左手の健遊館送迎バスが停まっている駐車場にも自転車が停めてありバイクはそちらへ。と言うのを帰りしなに女将さんからわざわざ注意された。駐輪スペースだと自転車の客が容赦なくぶつけてきて傷だらけになるからトラブル防止なんですと。
環七沿いの看板
 その駐車場壁面にはサウナアオイと一平湯と言う貼り紙があります。昔は2階部分がサウナだったのだろうか?現状デイケア施設の健遊館入り口は左手1階ですが施設は2階にあってそれがサウナ跡なのだろうか?2001年にデザイナーズ銭湯にしたとかでその時点でサウナの営業は止めたのだろうか?正面左手の自動ドアを抜けると正面に階段があるからそこがかつてのサウナ入口かな?右手の自動ドアを抜けるとやっと玄関タタキがあり左手に進むと左壁面が下足入れ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

昭和湯 (下田市) [静岡県の銭湯]

 連休後半スタートとなる憲法記念日、国旗を掲揚して久々伊豆方面へおでかけ。ここ数年千葉ばかり行って湘南や伊豆方面は敬遠していたのでたまには良いかな。しかし連休でガラガラな都内から横浜までは順調でしたがその先がいきなり大渋滞で自分が千葉ばかり行く理由を再確認してしまった。せっかくの休日にバイクで出掛けたのにこれじゃあ何も楽しくありません。

 それでも根性で135号線を進んで伊豆高原を過ぎた辺りからようやく流れ始める。本日は夏日の予想と言うのでメッシュのライディングジャケットを着て来たのが大失敗で気温が全く上がらず寒くて堪らなかったので、道中伊東の先、伊豆高原手前のロードサイドショップが集まったエリアでワークマンに飛び込んで買ったウインドブレーカが良い感じです。すっかり足が遠のいたエリアですが稲取辺りで昔通った店の様子を見に行ったりもする。

 14時位に下田に到着。市街地に駐輪出来ないと困るので港の脇にある道の駅へバイクを停める。道の駅ではハンバーガーが大人気で皆さん行列して食べていましたが、下田と言えば「とんかつ一(はじめ)」だよなと思い徒歩で下田駅方面へ。運よくガラガラでしたが入店直後に団体が入ってきたりと混雑してきた。初めての客はミックスフライ定食と言う決まりで、ライス(カレー)・味噌汁・つけ合わせの千切りキャベツとナポリタンスパゲティはお代わり出来ると言うかしないといけない雰囲気でお腹が一杯に。
とんかつ一
 駅前に行ってペリーロード方面へ観光に行ってみるか。漁港を歩いていると台船にユンボを乗せて豪快に浚渫をしている、下田と言えば青い海白い砂イメージですが漁港の底に溜まっているのは黒いヘドロなのね。せっかく温泉地の下田に来たのだから風呂屋を検索してみたら何とすぐ近くに公衆浴場があった。歩いて見に行くとこぢんまりとした地方でありがちな銭湯。正面右手にバイクを停めるスペースがあるので道の駅まで戻ってバイクを取って返し入り口右手に乗り捨てる。

続きを読む


タグ:下田 温泉 番台
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域