SSブログ
前の10件 | -

上の湯 (いわき市常磐湯本町上川) [福島県の銭湯]

 今年の連休も最終日、しかし渋滞予測的にも過去の経験則でも本日は道路がガラガラになる筈。そう思って8時に自宅を車で出発、果たして都内も首都高もガラガラでスイスイと常磐道に乗り11時過ぎにはアクアマリンふくしまに到着ですよ。コロナ前に来た事がありますが水族館は何度来ても楽しい。隣のいわき・ら・ら・ミュウでランチをしたら連休で魚市場が休みだったのか刺身がイマイチで残念。前回来た時にはフクシマは放射線がどうこう言って地の魚が提供されていなかったからそこはすごく改善された。

 ランチ後は小名浜から湯本へ移動、道中の県道に味のある昭和のドライブイン風町中華があるので今回も寄りたいと考えていましたがルートを間違えたのか前を通らずいわき湯本駅前へ。いつもの通りに駅前のコインパーキングに車を停める。駅前の公衆浴場と言えば温度調節のためとはいえ加水されているみゆきの湯と少し歩いた場所にあるさはこの湯。浸かれば手ぬぐいも帰り道の全身も硫黄臭くなるさはこの湯がお気に入りだったのですが、どうもコロナ禍後は硫黄臭がかなり薄まったと思う。
営業時間
 ならばホテルか旅館で立ち寄り湯をしている施設は無いかな?昨年はいわき駅前に行って盛り場で銭湯を発見したのですが休業だったし、本日も検索したら休業だ。しかしさはこの湯から更に駅の反対側へ進んだ場所に公衆浴場を発見、逆に今まで気付かなかった事が不思議だ。場所は石炭・化石館の少し北側で16時よりとあるので歩いて様子を見に行くと思ったよりも遠い。16時に入って30分で出たとしても再度駅前まで歩いて戻るのも大変なので石炭・化石館の裏手へ車を移動させる。

続きを読む


タグ:温泉 湯本 番台
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

大平湯 (足立区青井) [東京都足立区の銭湯]

 土曜日、みどりの日ですが至って普通に過ごす。普段通り泳ぎに行ったら両腕がパンパンでヨレヨレです、前日1日中バイクに乗っていたから結構腕の筋肉使っていたのね。風呂屋は近場で良いかと思いつつも都内の道路がガラガラなのでつい調子に乗って新橋から上野へ、上野はホテルへ向かう外国人観光客がゾロゾロ。昭和通りをどんどん北上して環七で右折、加平の手前にある太平湯を再訪してみようかな。

 外回りではわかり辛いのですが、内回り側には「夢銭湯太平湯」と言う大きな看板が出ていてそこで曲がれば良い。ビル銭湯でして対面に来客用駐車場有り、自転車は正面に停めて正面左手の健遊館送迎バスが停まっている駐車場にも自転車が停めてありバイクはそちらへ。と言うのを帰りしなに女将さんからわざわざ注意された。駐輪スペースだと自転車の客が容赦なくぶつけてきて傷だらけになるからトラブル防止なんですと。
環七沿いの看板
 その駐車場壁面にはサウナアオイと一平湯と言う貼り紙があります。昔は2階部分がサウナだったのだろうか?現状デイケア施設の健遊館入り口は左手1階ですが施設は2階にあってそれがサウナ跡なのだろうか?2001年にデザイナーズ銭湯にしたとかでその時点でサウナの営業は止めたのだろうか?正面左手の自動ドアを抜けると正面に階段があるからそこがかつてのサウナ入口かな?右手の自動ドアを抜けるとやっと玄関タタキがあり左手に進むと左壁面が下足入れ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

昭和湯 (下田市) [静岡県の銭湯]

 連休後半スタートとなる憲法記念日、国旗を掲揚して久々伊豆方面へおでかけ。ここ数年千葉ばかり行って湘南や伊豆方面は敬遠していたのでたまには良いかな。しかし連休でガラガラな都内から横浜までは順調でしたがその先がいきなり大渋滞で自分が千葉ばかり行く理由を再確認してしまった。せっかくの休日にバイクで出掛けたのにこれじゃあ何も楽しくありません。

 それでも根性で135号線を進んで伊豆高原を過ぎた辺りからようやく流れ始める。本日は夏日の予想と言うのでメッシュのライディングジャケットを着て来たのが大失敗で気温が全く上がらず寒くて堪らなかったので、道中伊東の先、伊豆高原手前のロードサイドショップが集まったエリアでワークマンに飛び込んで買ったウインドブレーカが良い感じです。すっかり足が遠のいたエリアですが稲取辺りで昔通った店の様子を見に行ったりもする。

 14時位に下田に到着。市街地に駐輪出来ないと困るので港の脇にある道の駅へバイクを停める。道の駅ではハンバーガーが大人気で皆さん行列して食べていましたが、下田と言えば「とんかつ一(はじめ)」だよなと思い徒歩で下田駅方面へ。運よくガラガラでしたが入店直後に団体が入ってきたりと混雑してきた。初めての客はミックスフライ定食と言う決まりで、ライス(カレー)・味噌汁・つけ合わせの千切りキャベツとナポリタンスパゲティはお代わり出来ると言うかしないといけない雰囲気でお腹が一杯に。
とんかつ一
 駅前に行ってペリーロード方面へ観光に行ってみるか。漁港を歩いていると台船にユンボを乗せて豪快に浚渫をしている、下田と言えば青い海白い砂イメージですが漁港の底に溜まっているのは黒いヘドロなのね。せっかく温泉地の下田に来たのだから風呂屋を検索してみたら何とすぐ近くに公衆浴場があった。歩いて見に行くとこぢんまりとした地方でありがちな銭湯。正面右手にバイクを停めるスペースがあるので道の駅まで戻ってバイクを取って返し入り口右手に乗り捨てる。

続きを読む


タグ:下田 温泉 番台
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

えびす湯 (北区滝野川) [東京都北区の銭湯]

 土曜日、今年の大型連休の入りですが普通に土曜日として過ごす。では風呂でも行こうかな?環七を北上して帰宅方面へ、王子駅前に出てならば9年ぶりにえびす湯に行こうかな?明治通りから荒川線の踏切を越えてゲーテの小径へ。飛鳥山公園まで進んで左折してカバン屋の手前を左へ入る。9年前にはそこに看板がありましたが今は赤い幟になっています。
幟が目印
 自販機前に原付を停める。千鳥破風のある東京式銭湯でして手前側前庭部分はコインランドリーに。左手に建て増しされたであろう小屋の1階部分は整然と並べられた薪、住宅廃材でも柱部分ばかりが積み上げてあります。裏手へ、浴室部分のすぐ裏手にコンクリート製の煙突があり、傾斜地だけに崖の上に建つ居住部分がそびえ立ちます。正面に戻る、市松模様なタタキのタイルを踏んで左手の下足入れに雪駄を仕舞い引き戸を開けて入場し番台の若旦那に回数券を渡す。
綺麗に積まれた廃材
 脱衣場はコンパクトながら折り上げ格天井、きれいに並べて置いてある新聞は東京新聞の夕刊で何と紙4枚分しかなく今時の夕刊はこんなペラペラなのね。トイレは公道側で窓から積み上げた薪が見える位置にあり今時床に埋め込み式の和式便器、紺色の床タイルに白い便器が映える。汚さないように座りションして流すのも上のタンクから下がったチェンを引っ張るのか。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

アクアスポットニュー松の湯 (横須賀市追浜東町) [神奈川県湘南地区の銭湯]

 日曜日、車を法定点検に出すとリコール修理があるとかで予定よりも長引いて微妙な時間に帰宅。今から何が出来るか?と考えて6月初旬にあるイベントのチケットを買いに横浜新山下へ。ここまで来たら357号線を八景島方向へ南下すれば追浜付近の銭湯2軒へ行って横浜市の銭湯はコンプリートになりそう。そこで八景島まで南下してから関東学院大学の脇を抜けて16号線へ。入ってすぐの所にある旅館兼公衆浴場のみなと湯へ行けば所期の目的を達成出来たのですが追浜駅まで行ってしまった、横浜市を出て横須賀市です。

 駅前で検索すると夏島貝塚通りを駅に背を向けて進むと風呂屋があるようで。正面の道路は一方通行路だから一本奥側を進むと果たして右手に油井型の煙突が見えてきます。その先で右折してその一本向こうの道に入りたかったのですが交差点が全然ない。かなり進んで件の一方通行路に入ると追浜東町商店街でしてそれを夏島貝塚通りに向かい進むと右手にビル銭湯が見えてきます。右角にカフェの看板がありますがそれらしき施設は無い。
煙突
 1階は駐車場、本日夜から雨の予報だけに17時前の時点でかなり空模様が怪しいから駐車場に原付を停めたいなと思うのですが、2輪車は道路沿いに並べて停めるらしい。外の階段で2階へ、上がって左手の下足入れに雪駄を仕舞い自動ドアを抜けて入場。左手のフロントで下足の札を渡しつつサウナもと言うと入浴料530円にサウナ300円でバスタオルと手ぬぐいを貸してくれます。広いロビーには大型テレビとソファ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

第二亀の湯 (練馬区関町北) [東京都練馬区の銭湯]

 土曜日、気温が高くなったのでもう着ないであろう冬物を洗濯に出したりで17時近くまで自宅に滞在。これから風呂屋に行くと遅くなるので遠方は止めて近場に行こうか。と言う事で近くもない練馬区関町北の第二亀の湯を目指す。環八外回りを北上して荻窪で青梅街道を左折して吉祥寺通りの先で右折すると6年前に行ったビル銭湯へ。入口左手の「定礎」にある通り昭和61年3月竣工のビル銭湯です。
政党と政治家のポスターだらけ
 正面壁面に貼られたの政党ポスターが前回よりも増えたなと思いつつ原付を停める、左手のジム入口にある煙突を見に行くと奥左手がスーパーのバックヤードになっている。進んでみるとなんとテレビでお馴染みなスーパーアキダイ関町本店ですよ。こんな場所にあったとは知らなかった。と言うより第二亀の湯ビル1階部分がそのままバックヤードになっているのか。

 周囲を一周して左手入口にある下足入れに雪駄を仕舞い自動ドアを抜けて半地下になっているロビーへ、奥にテレビとソファ。フロントの御主人に回数券を渡して右奥側の男湯へ、男湯入り口前に商品の陳列棚があるので女性客はここまで買いに来なければならないのか。半地下になっている分外から見るよりは高天井の脱衣場です、浴室側に円形のステンドグラス風装飾もあり。トイレは体重計裏にあり広い個室にTOTO製最新の節水タイプな洋式便器なのですがなぜかウォシュレットではない便座なのが逆に珍しい

続きを読む


タグ:武蔵関
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

徳の湯 (横浜市神奈川区西神奈川) [神奈川県横浜市の銭湯]

 土曜日、今週は大黒ふ頭に新造の超巨大コンテナ船が入港していると言う話を聞いて夕方に見に行ったらもういなかった。いようがいまいが大黒ふ頭から東急東横線東白楽駅前の徳の湯へ行く予定ですので、原付で生麦まで戻り第一京浜から東神奈川に出て六角橋方向へ。横浜市内の銭湯は八景島と追浜近くにある2軒を除き全て入ったと自負していましたが、どうも東白楽の徳の湯へは行った記憶が無いです。

 横浜上麻生道路を北上、東白楽駅前を過ぎて地図検索したら本当に東白楽駅前だった。裏手の商店街へ1周して正面へ引き返す、こんなに駅前じゃバイクを停められないと思ったら正面が少し奥まっていて駐輪スペースがあったので原付を突っ込んで停める。周囲を検分するとビルに向かって右手にステンレス製煙突あり。東横線の高架方向へ進むと場所柄神奈川大学の学生向け不動産屋などもある。
ビル銭湯
 正面に戻り右手の入口より入場、左手の扉も換気の為か開放してありましたが右手から入らないと下足ロッカーが使い辛いし。下足入れに雪駄を仕舞い右手壁面のタッチパネル式券売機でチケット購入、サウナ込み入浴料金が630円と言う事はサウナ百円で安い。東横線の駅前ですよ、サウナーの大学生やら若い人が大勢来るから昨今ならばサウナだけで千円近くとる施設がザラなのに何とも良心的。奥の大きなフロントにチケットと下足の札を出すと番号入り雲形サウナキーを貸してくれる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

藤の湯 (北区神谷) [東京都北区の銭湯]

 日曜日、日中は色々と用があり風呂へと出かける事が出来るのは夕方前。それでも4月になって日の入りが遅くなりまだまだ明るい。原付を起動して環七をひたすら北上。中山道の先が事故渋滞しているので西が原方面へ左折、東洋大学や味の素フィールド西が丘を過ぎて三岩通りへ。6年前に藤の湯行ったなと言う事で再訪、JR赤羽駅まで1.2キロと言う立て看板がありますが西が原バス停から100メートルくらい。
西が原バス停
 ビル銭湯、周辺は戦前に同潤会が開発分譲したとか何とか言うエリアなので歴史のある高級住宅地の佇まい。碁盤目の道路上には整然とソメイヨシノの古木が並んでいますがこの陽気ではまだ咲いていないみたい。ぐるりと1周してから正面へ、17時過ぎはピークタイムらしく正面には自転車がずらりと並んでお風呂セットを持った老人が続々と入場していく。私も右手コインランドリー前に原付を停めて入場。

 左手の下足ロッカーに雪駄を仕舞い自動ドアを抜けてロビーへ、フロントに回数券を渡すとフロントで管理しているロッカーキーを選べと言うけど下足の札と交換はしないね。左手の男湯へ、古いビル銭湯らしく高い天井の脱衣場には中央にスノコベンチ2。フロントで借りた鍵でフロント側のロッカーに荷物を入れますが脱衣籠もありそれを使う常連さんもいる。トイレは外壁側公道寄りで段のある和式便器に洋式カバーを被せてあり貼り紙を見るに利用マナーは悪いのかな。

続きを読む


タグ:赤羽
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

千ベロの聖地「立石」物語 もつ焼きと下町ハイボール [読書感想文]


千ベロの聖地「立石」物語―もつ焼きと下町ハイボール

千ベロの聖地「立石」物語―もつ焼きと下町ハイボール

  • 作者: 谷口 榮
  • 出版社/メーカー: 新泉社
  • 発売日: 2021/03/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 1月に日経新聞朝刊を読んでいたら著者自身が立石を紹介する記事が載っていたので記事中で紹介していた本書をすぐ買い求めた次第。しかしちょうど私自身の繁忙期が来てしまい紹介するのが3月末になってしまいました。とは言え23区で皇居を挟んで対角線上に暮らす私にとっては葛飾区は遠くてほぼ知らないエリアです、本書中にある通り京成線沿線ですので都営浅草線経由でアクセスは良いか。

 京成立石には2019年にアクアドルフィンランドに行った際「呑んべ横町」は中を歩いた記憶があります。当時既に再開発の立ち退きが始まっていた様な?著者の谷口榮氏は葛飾区の職員で学生時代に葛西城の発掘作業を手伝いそのまま葛西城がライフワークななったような人。もしかして?と思い以前紹介した「葛西城とその周辺」を読み返してみると共同執筆者の一人だった。葛飾区の職員と言う事は「葛飾区郷土と天文の博物館」の展示も担当していたんじゃないかな?2020年に展示を入れ替えるまでは葛西城についてかなり掘り下げて紹介していたので、それを見て書籍を買い求めた位に面白かった。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

小川バスマンション (練馬区田柄) [東京都練馬区の銭湯]

 土曜日、寒いし天気は悪い。通っているプールのある施設では本日桜まつりが開催されていましたが全く咲いていないものね。帰宅して雨雲レーダーを見るに北の方から天気が回復しているから練馬区の銭湯でも行こうか。原付を起動して環八を北上すると果たして晴れていますが寒い。川越街道に左折して下赤塚駅手前で豊島園通りに入る。とんでもなく大きな呉服屋に仰天しましたが9年前に来た時にもそこのディスプレイを写真に収めていたので印象深いのね。

 9年前に来た時には商店会のすずらん灯の写真を納めていたのに、割と懐かしい感じの商売をしている商店がそこそこ生き残っていますね。目的地の小川バスマンションはしかし「喜久の湯」と言う看板を掲げていて実際のところはどちらなんだろうか?練馬区浴場組合には喜久の湯表記となっています。右手奥には廃材が積まれていて今でも薪で沸かしているのだろうか?裏手をぐるりと1周しましたが確かに四角いコンクリート煙突しかない風ではある。
煙突
 正面に戻ってきて入場、鍵があまり残っていない下足入れに雪駄を仕舞い自動ドアを抜けてロビーへ、奥の壁面にはどこかの南国リゾートの写真が貼ってある。フロントは右手で男湯出入口の正面にあるから女性客は動線が面倒だね。ご主人に回数券を渡しつつサウナもと聞くとサウナの営業は止めたそう、昨今のブームからすると修理してサウナ料金千円位取れば流行るだろうに。右手の男湯へ、天井の高い脱衣場は空調が入っておらず寒々としている。脱衣場のロッカーは絶対数が多いので下足ロッカー同様に鍵が紛失していてもまだ大丈夫、四角い脱衣籠もあるし。トイレは外壁側にあり水色に塗り潰されたタイルが特徴的な段のある和式便器で特に掃除が良いでもない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | -