SSブログ

竹の湯 (葛飾区四つ木) [東京都葛飾区の銭湯]

 土曜日、今月いっぱい地元プールが補修中なので別の場所で泳いで風呂は何処に行こうか?今は立石の本を読んでいるので葛飾区が気になって仕方ないから葛飾区に行こう。357号線で葛西まで行って船堀街道を北上すると平和通りになり京成押上線の踏切を越えてすぐ左折してまいろーど四つ木商店街へ、前回訪問したのは2012年7月でしてその時にこの商店街走ったわ。

 12年前とは違い紙の地図ではなくスマホの支援があるのであっさりと到着、当時の写真を見ると煙突がありましたがガス化した様でコンクリート煙突は撤去して裏手にステンレス煙突があります。左手に広大な来客用駐車場がありますが原付は正面左手の駐輪場に停めて良いかな?件の来客用駐車場は月極駐車場の奥と言う少々わかり辛い配置です。正面の下足入れに雪駄を仕舞い入場、駐輪場前部分はテレビとソファだけのロビー。奥のフロントで回数券を渡して左手の男湯へ。
煙突がステンレスに
 脱衣場はフロント改造しても広くロッカーは外壁側にロビー側と島が2つ、外壁側に前庭があり掃き出し窓のサッシは新しいのですが躯体が歪んでいるのかちゃんとは閉まらず隙間が開いている。外壁側のロッカーに荷物を入れる、トイレは外壁側浴室寄りにありビニールクロス貼り床に古めの洋式便器。浴室へ、島カラン1.5列でカランは外壁側から3-5-5-5-0-6で仕切り側カランの脱衣場寄り2つはハンドシャワータイプね、脱衣場側に立ちシャワー2。全身をざっと流す、カランは日の丸扇刻印のボタン式。


正面
 外壁側脱衣場寄りに入口のある無料のドライサウナは2段式で上下3名ずつ6名定員、脱衣場側壁面に12分計があり室温は100度。上段に陣取って原付で走った分体が冷えたので1回目は12分間粘る、立ちシャワーを浴びて奥の浴槽外壁側の水風呂へ。詰めれば2名サイズですが常連さんたちはけん制しあって大体1名利用、水温20度位なので入ってしまえば長居出来ます。2往復目は7分、常連さんの動きを見て出るタイミングを考えないと水風呂がストレスフリーに使えないのが難しい。

 サウナと水風呂堪能後は露天へ、デッキチェア2脚と大きな露天風呂。岩風呂ですがゴツゴツしていないので石板を貼った浴槽と言う態でお気楽に入れます。私が独りで入っていたら後から3名来たのも全然余裕で入ったのですが、その後親子連れが覗いて一杯だと言うので私は出ました。そのまま島カランにケロリン桶と腰掛を置いて体を洗う、シャンプー類は浴室に入ってすぐ立ちシャワーの脇のカゴに何セットか入っているのを借りて使うよ。
塀の向こう側が露天
 体を洗ってから内湯へ、外壁側から水風呂と広い浅槽に仕切り側が2名分の座風呂で中央の浅槽へ。壁画は奥に富士山があり手前は山中の草原と言う珍しいモチーフで何処なんでしょうね?17時過ぎから1時間滞在しましたが18時近くなる方が混雑してくると言う都心の銭湯パターンで割と都会?相客は20名近くいたかな?立ちシャワーを浴びて上がる。帰りは水戸街道に出て京葉道路から昭和通り経由で第一京浜で。
宮造り銭湯

竹の湯
https://www.1010.or.jp/map/item/item-cnt-237
https://katsushika1010.com/sento/%E7%AB%B9%E3%81%AE%E6%B9%AF/


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。