SSブログ

ザイム真理教 [読書感想文]

 財政均衡主義vsMMTと言うトンデモ大戦

ザイム真理教

ザイム真理教

  • 作者: 森永 卓郎
  • 出版社/メーカー: 三五館シンシャ
  • 発売日: 2023/05/19
  • メディア: Kindle版

 「安倍晋三回顧録」で安倍元総理が財務省への強い不信感を持っていたと言うのはもう読んだ人も読んでいない人もご存じだと思います。私も先日の研修会での講師が財務省から来た人で、研修の途中で「安倍元総理にそんな風に思われていたとは思いもしませんで」とか言い訳をしていてその時は得意の財政均衡主義トーンは抑え気味だったと言う。実は研修受講当時まさに本書を読んでいたのでこれ見よがしにテーブル上に置いていましたが受講者が300人以上いたので見えてはいないだろうな。

 そんな安倍晋三回顧録の流れを受けてってまさか数ヶ月で本書を書き上げたわけでもないだろうから、財務省叩きの内容だからと安倍元総理の顰に倣って加筆修正したのだろう。大手出版社に持ち込んでも断られた問題作と言うウリ文句ですがラジオにゲスト出演しては本書の告知をしてみたり、そもそも私が本書の存在を知ったのも日経新聞朝刊の広告でしたのでそんなに禁断の書でも無いと思う。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

岩の湯 (板橋区常盤台) [東京都板橋区の銭湯]

 日曜日、泊りで水上に出かけていたのから帰宅してプールで泳がないとご馳走責めで太ってしまいます。では風呂へ行こうと言う事で環七外回りを北上して常盤台で住宅地に入る。前回来たのは何時だったか?と思いつつ住宅街を進むと煙突発見。千鳥破風はありますが宮造りと言うほど豪勢でもない木造銭湯、前庭部分の向かって左手はコインランドリーになり右手は来客用の駐車場・駐輪場になっています。駐輪場に原付を停める、タタキを上がったところに三角形の岩の湯ロゴ入り行燈は前回もあった。
煙突が目印
 その他「サウナありません」と言う断り書きがわざわざありますね、自動ドアを抜けて入場。天井は格天井でして縁には明らかに折り上げ部分があった痕跡が残っていましたが何故か撤去されて白く塗り潰してありました。脱衣場を3等分した中央部分のロビーは広く奥には富士山の額が多数かけてある、右手のフロントでご主人に回数券を渡して左手の男湯へ。

 フロント部分に相当削られた割に広い脱衣場です、荷物は上に人形が置かれた外壁側ロッカーへ。トイレは外壁側にある板の引き戸の奥に入るとビニールクロス貼りの廊下がありその奥の個室に公団タイプの洋式便器。浴室へ、島カラン1列でカランは5-5-5-5、仕切り側脱衣場寄りに立ちシャワー1。全て白ケロリン桶なのを1つ取って腰掛はコの字型をチョイスして島カランに陣取る、カランは日の丸扇のレバー式ね。全身をしっかりと拭ってから浴槽へ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

末広湯 (葛飾区宝町) [東京都葛飾区の銭湯]

土曜日、最近は357号線から298号線への乗り継ぎと言う遠回りの様で平均速度が速いルートばかりで風呂屋巡りをしていたのですが今日は最短距離で行ってみようかなと昭和通りへ。信号も交通量も多く歩行者までいるのでやはり怖いわ。明治通りから白髭橋を渡り水戸街道に入りましたが素直に京葉道路から三つ目通りで良かったかなと悶々。荒川を渡り平和橋通り手前で曳舟川沿いに入り左折すると末広湯、前回来たのが思い出せない。と言うのは蔵前橋通りから平和橋通りを北上して向かったからだったか?

 コンクリート煙突は補修中、破風のある宮造り銭湯を見ても前回来た記憶も怪しい、右手の駐車場は文字通り自動車用なので正面の駐輪スペースに原付を停める。17時20分と駅前ではない住宅地銭湯のピークタイムは過ぎていますがまだまだお客はやってきますね。入り口前の自販機が南葛SCと言うキャプテン翼仕様なのが葛飾だなと思いつつ正面へ、すると番台裏に葛飾区浴場組合キャラのほのかちゃんの大きなイラストがあり小さな液晶モニタは仮面ライダーで壁面の振袖姿のアニメキャラはなんだ?と言うのはウマ娘と言う奴ですね。
煙突補修中
 こんなにアニメ推しの風呂屋だったかな?右手の下足入れは傘入れ兼用の丸い穴が開いたタイプです、雪駄を仕舞い引き戸を抜けて入場。番台のご主人に500円を支払う、脱衣場が広大な感じがするのはフロント改造していないのと中央に腰掛や台が無いからですね。前庭寄りに小さな台がありますがそこは鬼滅の刃やゲゲゲの鬼太郎の猫娘フィギュアなどが飾ってあります。仕切り奥の柱時計の両脇にはフィギュアならぬドールが2体。ロッカーは外壁側だけ、よくあるSAKURAの鍵と鍵が紛失したロッカーには後付けの鍵が付いている。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

記念湯 (横浜市西区戸部本町) [神奈川県横浜市の銭湯]

 土曜日、天気は良くないですが午後に雨は降らなかったのでバイクに乗って横浜へ。イベントチケットを購入して帰りに大通り公園脇の風呂屋に寄って帰ろうと思ったら土曜日定休でした。ならば10年ぶりに戸部駅前の記念湯に行こうか、駅前銭湯な上に国道挟んだ対面に警察署もあるのでスクーターだとキップ切られそうで敬遠していましたが自転車よりも小柄なカブだとコッソリ停めやすい。
戸部駅すぐ
 戸部駅前と言うか高架駅の下へ、ホーム下にバイク駐輪場がありますが月極専用で時間貸しはしていない様子。18時前だからそろそろ取締りも大丈夫かな?記念湯は東京式木造銭湯のレイアウトなのですが入り口と前庭部分が2階建ての店舗物件に改造されているので正面から見ると四角いテナント物件です。中央の入り口左がバーで右がコインランドリー、2階の雀荘は10年前に来た時にもあった。反対側に廻ると釜場部分は完全にガス化されたのか煙突すら見当たりません。
木造銭湯です
 正面に廻り下足入れに雪駄を仕舞い自動ドアを抜けて入場、正面にフロントがあり男湯は右手。10年前に来た時は左手に入ったのは日替わりだからだそう、左手には露天風呂があるとかでこんな駅前の住宅密集地だとどんなだろう?前回は無かったと思う。お金を払い右手へ進む、前回は脱衣場が広いなと感心したのですがフロントスペースに半分ほど持っていかれているのであまり広く感じない、高天井は折り上げ格天井で格子部分に文様あり浴室側に大判の浮世絵を入れた額が2つありますのは記憶に残っているので番台式銭湯の脱衣場だと勝手に思い込んでいただけなのか。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

湯パーク南柏 (柏市南柏) [千葉県の銭湯]

 日曜日、昼過ぎまで最近手に入れたスーパーカブのキャブレターをOHして終了後に実家で草むしり。帰宅したら16時なのであまり遠方の風呂屋には行けないかなとは思いましたが何か日の入りが遅い今自分に千葉県の銭湯を廻ってしまいたいと考えているのでやや無謀にまた松戸市を目指すか。先週は県道を使って時間がかかったので今日は298号線から6号線に入れば短縮可能な筈。道の駅いちかわの北数キロがもう6号線なのですが、その交差点から都内側に進むとすぐ金町なのでどちらが早いのですかね?

 6号線こと水戸街道を下り北松戸駅近くで地図検索すると馬橋駅前の北小金駅近くの公衆浴場は休業中なのか、このエリアはスーパー銭湯なら多いのですけれどもね。検索範囲を広げると南柏駅前の営業している銭湯を発見、しかし柏は流石に遠くないか?357号線や298号線と言ったほぼ自動車専用道路と違い生活道路で信号も交通量も多い水戸街道を北上し続けて南柏駅西口交差点で右折して駅前駐輪場対面に目的地、すずらん灯があるので裏道な様で西口商店街。
ビルだけど煙突
 2階建てのビル銭湯でして奥には「露天風呂サウナ」と言う看板の付いた油井型の煙突、1階部分はコインランドリーとエントランスが手前にあり奥は駐車場ね。エントランス裏手が駐輪場なのでそちらに原付を停める、入り口に回り下足入れに雪駄を仕舞い階段を上がると木彫りの人形が置かれた入り口の奥にフロント。入って左手に券売機が2台ありますが使用されておらずフロントに2名いる年配女性に下足の札を渡しつつサウナも入りますと言うと600円だからサウナは120円か、雲形キーとロッカーキーを貸してくれます。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

大和湯 (足立区島根) [東京都足立区の銭湯]

 土曜日、午前中は雨でしたが昼に上がったので洗濯物を外干しにしてプールへ。帰宅しても2時間では全然乾いていないのはこの湿度じゃ仕方ないか、干したままで風呂屋に行こう。先週松戸の風呂屋に行ったら遠すぎて帰りが遅くなったので、松戸と言えば水戸街道だから葛飾区スタートだよねと考えて久々昭和通りへ。いつもは明治通りから白髭橋を渡り6号線入っていたなと思いだしつつ北上していましたがこのまま4号線で良いかと思い直して旧日光街道へ。梅島駅前にある担々麺の店があまりに大行列しているのに驚愕しつつ北上して環七を越えて西友を左手に見たらすぐ先の右手、魚屋の対面にある路地奥が目的地。

 7年ぶり訪問です、アプローチの路地の両サイドが駐輪スペースなのですがスクーターだと倒れそうになるのでお尻が気持ち歩道にはみ出る感じで停める。立派な唐破風に鶴の懸魚がある立派なエントランス、裏手に回るとパイプカットされた煙突がそのまま残っているのは変わらず。正面へ、男湯側下足入れの札を抜いて上に斜めに挿してあるのは風で扉が開くのを防ぐためだそうです。番台裏の券売機は前回なかったかもしれない。
懸魚
 500円の券を買って左手の男湯へ、番台を脱衣場の床に下ろして向きを公道側にしてフロント改造と言う体裁だそうです。女将さんに券を渡して入場、コンパクトながらも見事な折上げ格天井な脱衣場。ロッカーは外壁側と島があり外壁側を使用、島ロッカー上の陶器製人形がカワイイ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

安倍晋三 回顧録 [読書感想文]


 2月発売でしたがAmazonでは電子書籍しか扱いが無かったので楽天で注文したら届くまで1月近くかかったと言う。しかし2月3月は忙しくて読書どころではなかったからそれで良かった、都心の大型書店に行けば平積みされていたのだろうなと想像していました。出て早々読んだ方々が新聞のコラムや自身のブログで内容を採り上げていて、曰く財務省への強い不信感ですとかアベノミクスと言われたリフレ政策に対する批判などは何度か目にはしていました。

 ご存じの通り昨年7月に手製の銃で撃たれて亡くなったと言う事で出版のタイミングとしては故人を美化するのか死人に口なしで叩くのかにならないようにインタビューをそのままテキストに起こしたと言う態を取っています。ですので同じ話が何度も出るのは仕方ない、それで財務省批判は何回も出てくる話になってしまっている。勢いあまって「森友学園問題は財務省の仕掛けた安倍おろしではないかと疑っている」まで聞き出したのはお手柄なのかもしれない。その派生なのか「ザイム真理教」なる本まで出ましたし。この話は日経のコラムとか経済系ネット記事で追従派と財務省擁護派がそれぞれ主張をしていて楽しい。

ザイム真理教

ザイム真理教

  • 作者: 森永 卓郎
  • 出版社/メーカー: 三五館シンシャ
  • 発売日: 2023/05/19
  • メディア: Kindle版

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)