SSブログ

富士乃湯 (横浜市港北区綱島西) [神奈川県横浜市の銭湯]

 土曜日、先週今週と普段通っているプールが休みなので横浜国際プールへ。帰りは歴博通り沿いにセンター南へ行き山安で干物を大量購入してから風呂に行くか、センター南起点では新横浜方向へは行き辛いので綱島かなと言う事で富士乃湯を目指す。高田で県道106号のバス通りに入り去年行った草津湯の先なんだよなあ、早渕川方向に右折して入ると言うのが前回2011年12月に行った時の記憶なんですが何処で曲がれば良いのか?と言うのはバス通り沿いに案内看板があった。
これを見落としちゃイカン
 これは前回気が付かなかったなと右折して綱島上町共栄会商店街へ、曲がってすぐ左手にあり全然変わっていない様子。前回気になった奥の角にあるレトロな大きい八百屋も健在ですが日中見ると案外と新しい建物だったわ、その手前富士乃湯のはす向かいにある牛肉専門の精肉店も気になります。正面向かって左手の駐車場向かいにはキッチンカーがそのまま店舗になったピザ屋もある。周囲を廻ると大型ドラッグストアが真裏に出来ているので煙突がしっかりと観察できました、オレンジのコンクリート煙突ではなく今は手前のステンレス製を使っているのかね。
煙突
 前回同様に入り口左手の壁沿いに原付を停める、脇の3階にある卓球センターへ上がる踊り場の壁面になんとペンキ絵が。「和歌山瀞狭」と言う渓谷の絵は必見ですよ。入り口に入ると右手に「サウナは10名まで」と言う警告看板があるのが不吉、オミクロン株大流行前からサウナブームで大混雑なんだよな。下足入れに防寒靴を仕舞い右手の自動ドアを抜けてロビーへ、道路側にテレビとソファがあり奥にフロント。下足の鍵を渡しつつ「サウナも」と言うと現在2名がロビーで順番待ちしていますと言われたので今回サウナは断念。


卓球場階段のペンキ絵
 左手の男湯へ、初期のビル銭湯らしく木造銭湯のレイアウトをそのまま大型化した施設で脱衣場の天井も高くて良いですね。その高い天井の公道側壁面には浴衣姿の芸者衆4人の絵がある、1名だけ髪をほどいていて色っぽいですね。この界隈は温泉地として発展したので往時は芸者も使っていたのかもしれないね。ロッカーは公道側と外壁側で外壁側ロッカー前にベンチがありその先に小さなテレビ。トイレは外壁側扉から一旦出るとカイコ棚のある小部屋に出て更に奥の間に古い洋式便器。

 浴室へ、島カラン2列ある広い浴室でしてカランは仕切り側から5-4-6-6-6-5、仕切り側手前に立ちシャワーが2つあるので仕切り寄り島カランが2つ減っている。ケロリン桶(スーパー銭湯タイプの桶もあり)と腰掛を持って島カランに陣取る、カランは日の丸扇の古いレバー式で湯量は少なく温度も低め。全身をざっと流して浴槽へ、外壁側から大きなミクロバイブラ・でんき風呂・寝風呂2名分・2点ジェット2名分と仕切り側にラジウム温泉の黒湯。浴槽には水深1メートルと注意書きが大体付いています。

 最初は2点ジェットへ、お湯はぬるめ。しばらくしてからでんき風呂へ移動、強さは適当でしばし堪能。浴槽上に水槽の窓が4つ並んでいて仕切り側2つは太った金魚で外壁側2つは大きな白い鯉と錦鯉がいます。しばらくして黒湯の浴槽が空いたので移動、こちらも1メートル浴槽で少し熱いのがありがたい。汗が出るまで頑張ってから外壁側の脱衣場との仕切り寄りにある扉へ、こちらサウナコーナー入り口ですが一般客も利用できます。

 別室と言うより駐車場脇に建増しした部分にサウナがある感じで公道側からサウナ室・水風呂・外気浴室と言う並び。こちらも水深1メートルな水風呂は3名は入る事が出来るサイズでそこまで冷たくは無いですが1月末だけにさっと出てしまうよ。折角なのでサウナ室も覗いてみる、雲形サウナキーが必要なサウナ室は上下2段になっており詰めれば10名は入りそう。浴室側壁面にテレビが有り扉上の室温計は90度位かな。

 水風呂に入ってはラジウム温泉へと4往復して冷熱交互浴したのでサウナに入る事が出来なくても良いかな?しかしその間にドンドンお客が入って来たのでサウナは人数制限しているかもしれないが浴室にも20名以上の全裸な男性客がいるのはどうなのよ?バイブラ浴槽なんて広いとはいえ5~6名入っていて大丈夫なのだろうか?そのバイブラ浴槽はレイアウト上冷えた蒸気がしずくになって滴り落ちてくるので入る位置を気を付けないといけない。

 本当に浴槽の混雑がシャレにならなくなってきたので上がって体を洗う、シャンプー類の備え置きは無いので持参した物を使う。黒湯の浴槽も4名で入る感じで、往年と言うか最盛期はもっと混雑していたのだろうけど。卓球センターに上がる階段壁面はペンキ絵でしたがこちらは広大な壁面を一面タイル画が覆っています、男女境に富士山を据えて男湯側は一面の森なので富士の樹海かな?男湯側壁面中央に滝がありそこからの水が四方に流れて浴槽につながると言う見立てですが黒湯は少し変かもしれない。

 立ちシャワーを浴びて上がる、冷熱交互浴でサウナに入ったかのようにポカポカですよ。実際サウナに入ったかのような滞在時間17時過ぎからの80分近くで18時前後に相客20人ほどまで増えたのでその時間がピークタイムか?東京都下とは言え流石東横線のターミナル駅近の風呂屋だけはある。18時20分頃上がって常連老人は17時前ですが若い人は18時過ぎてからが本番か。外に出るとキッチンカーのピザ屋が繁盛していてこの界隈で暮らすのも楽しそうですね。
全景

富士乃湯
https://k-o-i.jp/koten/fujinoyu-4/


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。